スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洋菓子・喫茶 ボンボン

喫茶天国名古屋 その12

流行のパティスリーのスウィーツには、
ご縁もなければ、興味のほうも薄いのだけど、
きっと60年前はそんな流行のパティスリーには、興味津々。

洋菓子・喫茶 ボンボン

レトロなロゴも、「洋菓子」という響きも、
なんとなく60年代チックなネオンの看板も、
全部が素敵。

外観

あまーいスポンジのいい香りと共に、
色とりどりのケーキが並ぶ、メルヘンなショーケースを通り抜けて、喫茶室へ。

メニューを眺めると、ケーキの値段はどれもが2-300円台だし、
コーヒーも300円と、これまたお得な値段設定。

きっと特別な日のハレのケーキじゃなくて、
毎日のちょっとうれしい、おやつ。

普段ケーキの類はあんまり食べないけれども、
やっぱりここではこの空間に敬意を表して。
私の今日のおやつはシュークリームに決定。

シュークリーム

しっとりソフトなシュー生地に、
たっぷりのクリームはもちろんカスタードオンリー。
甘くって、なつかしくって、
正統派のシュークリーム。

内装

イマドキなパイシューだのクッキーシューだの、生クリーム入りだのより、
こーいうほうが断然好みだからうれしくなっちゃう。
そして食べ終えた後のお皿を見れば、
かわいいコックさんの紙ナプキンがお目見えして、
もー最後まで抜かりなし。

年季の入った素敵なシャンデリアは高級感たっぷりなのに、
壁にはテレビがかけられていて、スポーツ紙もスタンバイ。
その庶民的なゆるさがほっとする。

一緒にほっと和んでいる周りのお客さんは、
案外おひとり様なおじさま率が高くって、
きっと甘いものが好きだけど、よそじゃちょっと照れくさくって、
ここなら気負わず至福の一時が過ごせるんだろうなー、と、
かわいくってほほえましくなる。

そんな世の中の迷える甘いもの好きのオジサマたちのためにも、
いつまでもずっと続いていきますように。

洋菓子・喫茶 ボンボン
愛知県名古屋市東区泉2-1-22
スポンサーサイト

テーマ : カフェ&喫茶店   ジャンル : グルメ

ボンボン

ここって桜山のボンボンじゃなくて
東区の、ですよね!?
(桜山の方はまだ行ってないんですが、
そっちもかなりレトロな雰囲気らしいですよ)

オジサン多い!確かに。
そしてみんなケーキやらパフェやら必ずなにか
甘いものを食べている(笑)
甘党天国ですね。
店に置いてあるマッチ箱も
熊のイラストでかわいいですよ(^.^)

ねこかぶれ様

そうです。東区のほうです。
本店はこっちみたいですが、桜山のほう、
素敵そうですよねー気になります。

おじさまが、甘いものをちょっと照れくさそうに食べる姿、
私はなんだかキュンとします。かわいいなーって。
非公開コメント

プロフィール

yururi

Author:yururi
地方出身の30代お独り様OLです。
普段はOLの化けの皮を
かぶっていますが
(かぶりきれていない!?)
中身はおっさんです。
趣味は一人ちい散歩ごっこです。

ランキング
応援よろしくお願いいたします。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ 月別アーカイブ
 
カテゴリ

openclose

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。